2009年05月20日

砂原糖子 「虹色スコール」 感想


【中央書店コミコミスタジオ】

◆内容紹介◆

高校までべったりだった友人の池上と、大学に入ってから距離を置くようになっていた律也。池上の何でも分かったような顔が気に入らない、全てにおいて律也より勝っているのも、律也の好きな千鈴が池上に思いを寄せていることも―。
律也の態度に気づいていながら、そばを離れない池上。そんな池上の心の内を考えようともしない律也。二人のベクトルがまた交わる日は来るの…?
不器用同士の等身大の恋愛模様。

◆感想◆
虹色スコール」を読みました。
そういえば、木原さんって「このはら」って読むんですね(今更)。意外でした・・・・・・

砂原さん自身が後書きで語っているように、「山も谷もオチもない話」です。
それはまぁ、別にいいのですが(日常っぽくて好きだし)、なんとなく書き込みが浅いような気がして・・・・・・。
あくまで平凡な話を書くなら、キャラクターの背景を掘り下げるだとか、深みのある話にした方がいいんじゃないかな?
律也と池上は高校時代からの知り合いという設定だそうですが、今ひとつ高校時代の様子が分かんないし・・・・・・
例えば高校時代の話を増やすだとか、そういうのがあればな〜

ただ、心理描写は丁寧でした。
ディアプラス文庫の本は全体的に、心理描写が上手な作者さんが多い気がします(笑) 砂原さんも、丁寧に気持ちの動きを書かれているかと。

後、文章が好き。
変な表現使うことなく、基本に則ったスタイルなんだけど、随所で砂原さんの暖かさみたいなのが感じられた!
文章好きな作者さんは、話の内容さえしっかりしてれば最高・・・・・・。
読んでいてかったるくならないのもいいですね。メリハリがあるというか。

もう少し他の本を読んでみたいところです。
・・・・・・メランコリック・リビドーがほしいーーー


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。