2009年06月07日

テンプレートを変更しました

テンプレートを変更しました!
今まで使っていたテンプレート、メリハリがなくてちょっと見にくいかなって感じだったので、配布されている物を使用しました〜。

2カラムだからあまり縦長になっても・・・・・・と思い、最新記事など、一部のプラグインを外しました。

SeeSaaも、もう少しいいテンプレートがあればいいのに!
JUGEMとかFC2に大きく劣ってるんだよな、その辺。

杉原理生 「光さす道の途中で」 感想


【中央書店コミコミスタジオ】

◆内容紹介◆

真野は、親友の栗田に紹介された高東のことが自分でも不思議なほど苦手だった。
奇妙なバランスのまま、仲のいい友人として高校生活を送る3人。その後、他県に進学した栗田とは次第に疎遠になり、同じ大学の真野と高東は距離を縮めていく。ふたりは互いの気持ちに気付くが、高東は時折見せる態度とは裏腹に、何故か真野と一線を越えるのを拒んでいるようで…。

read more...

2009年06月05日

色々と・・・・・・

君の中のパラディアーム ドラマCD Vol.1(火の章)」を入手しました!やった手(チョキ)
前々から欲しいとは思っていたのですが、買うのはちょっと財布的に厳しいかな、などと思っていた矢先の入手だったのでかなり嬉しいですグッド(上向き矢印)
といっても、データだけなんですけど、それで十分!

追記で購入検討中のの一般・BL小説のリストを・・・・・・完全に私的メモ。
オススメなどあれば教えていただけると嬉しいです!

read more...
posted by 篠 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | TOP> 雑記・BL話諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

BLCD情報に関して

BLCD収集にハマってしまったので、一応感想サイトを立ち上げました。
JUGEMさんの方を利用しています。

Largo*BLCD感想・レビュー*(別館)

BLCDはなかなか聞く時間がとれず、更新も不定期となると思いますが、気が向いたときに立ち寄っていただけると幸いです。

ちなみに、BLCDのデータ交換も随時募集していますので、もしよろしければどうぞ!

日記的なことは、内容にあわせて、ここか別館かで更新する予定ではいます。
紛らわしくてごめんなさい(´・ω・`)

2009年06月03日

砂原糖子 「言ノ葉ノ花」 感想



◆内容紹介◆

三年前から突然人の心の声が聞こえ始め、以来人間不信気味の余村。
ある日彼は、自分に好意を持っているらしい同僚の長谷部の心の声を聞いてしまう。罪悪感を覚えつつも、言葉で、“声”で、一途に注がれる愛情が心地よく、余村も長谷部を好ましく思うようになる。そしてついに長谷部の告白を受け入れるが、余村が心の声を聞けると知った長谷部の反応は意外なものだった…。
切なさ200%!!胸に迫るスイートラブ。

read more...

2009年06月02日

言ノ葉ノ花とセブンデイズと。

先ほど、「言ノ葉ノ花」と「セブンデイズ Monday→Thursday」のドラマCDを入手しました〜手(チョキ)

えー、「言ノ葉ノ花」は現在読んでいる最中で、思いの外ハマってしまい、ドラマCDを聞きたくなりました・・・・・・!
だって、まさにアサトなんだもん!!←
攻めの長谷部というヤツが、「Lamento」というゲームのアサトというキャラクターに被っていて、アサト至上主義の自分にとってはとても嬉しいんですよねvv
あー
勿論アサトの方が好きですけど。
なかなかじっくり読める作品で、楽しんでいます。

「セブンデイズ」は元々好きな作品なんですよね。誰かに借りて、面白かったので思わず購入してしまった作品。
ちなみに登場人物の「篠」と、自分のハンドルネームが被っているのは偶然・・・・・・んー、無意識に影響受けたのかも(苦笑) 「しの」って響きが好きなので、「篠」にしたのですが、意図したわけではないので!(無意識に影響受けた可能性はありますがw)
ドラマCD入手できてラッキーです☆

どちらもデータのみですが、もし欲しいという方いらっしゃれば、連絡下さいね。
・・・・・・あ、そういうのっていけないのか。
ま、まぁ気にしない・・・・・・
posted by 篠 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | TOP> 雑記・BL話諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木原音瀬 「FRAGILE」 感想


【中央書店コミコミスタジオ】

◆内容紹介◆

大河内の人生は、バラバラに壊されてしまった。一人の男の手で―。
才能あふれる部下・青池を嫌い、一方的に蔑ろにしてきた大河内。我慢の限界を迎えた青池は大河内に襲いかかるという事件を起こし、社を去っていく。目障りな存在がいなくなり安堵したのも束の間、ある夜、その青池が大河内の自宅で待ち構えていた…!
大反響の雑誌掲載作に大量書き下ろしを収録。二人が踏み込んだ愛憎の迷路のたどり着く先は―。

read more...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。